2024年07月03日

四季なりイチゴのランナー整理

四季なりイチゴのランナー整理

3株を植えてある四季なりイチゴですが、30~40本出ていたランナーを整理して丈夫そうな9本を残しました。


四季なりイチゴのランナー整理

中央の葉の部分が子株になる部分、その先が孫株になる部分。ここからさらに生長させ、孫株を直接プランターに根付かせる予定。
posted by ぁぃ♂ at 12:00| 岩手 ☔| Comment(0) | ベランダ菜園~2024年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月03日

さらに孵化の兆し

さらに孵化の兆し

これは、6月18日に産卵したほうの卵


さらに孵化の兆し

卵の中に黒いものが見え始めました。近いうちに孵化がありそうです。この卵は2匹が同じ場所にほぼ同時に産んだものです。
posted by ぁぃ♂ at 06:01| 岩手 ☁| Comment(0) | カタツムリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月02日

ナスが大好物のカタツムリ

ナスが大好物のカタツムリ

現在飼育中の2匹のカタツムリ(オナジマイマイ)は、ニンジンやレタスも普通に食べますが、ナスのときの食いつきがすごいです。


ナスが大好物のカタツムリ

歩行中に偶然見つけて食べだすのではなく、ナスを置くとまっしぐらに突進して食べに来ます。すごくかわいい (^O^)
posted by ぁぃ♂ at 18:09| 岩手 ☔| Comment(0) | カタツムリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月02日

赤ちゃんカタツムリの食性調査中

赤ちゃんカタツムリの食性調査中

卵管理ケース内で新たに孵化した14匹を第二陣として加え、現在34匹になりました。


赤ちゃんカタツムリの食性調査中

異なる食べ物をあげて食性を調査中なのですが、現在では孵化時に食べた自身の卵の殻がフンとして排泄されている段階のようで、まだ判断できないようす。


赤ちゃんカタツムリの食性調査中

何はともあれ、小さくて大変ですw


赤ちゃんカタツムリの食性調査中

卵管理ケースの様子。


赤ちゃんカタツムリの食性調査中

新参が産んだ卵(上)はほぼ全数が孵化し、極めて高い孵化率でした。
古参が産んだ卵(下)からは、あと10匹ほどが孵化するもよう。色が白いままで孵化しない卵も10個ほどあるようです。
posted by ぁぃ♂ at 18:08| 岩手 ☔| Comment(0) | カタツムリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月02日

ベランダにカブラヤガ

ベランダにカブラヤガ

ベランダにカブラヤガが来てました。幼虫は通称 "ネキリムシ" なので、ベランダ菜園管理人としては警戒レベル2なのであります。
まあ、人間もニンジンやゴボウや大根などの根っこ野菜をおいしいおいしいと言って食べるので、幼虫が根っこを食べるのはわからなくはないです。
posted by ぁぃ♂ at 06:39| 岩手 ☀| Comment(0) | ベランダ菜園~2024年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月01日

新女王アリを捕食するカニグモ

新女王アリを捕食するカニグモ

結婚飛行でどこかの巣から旅立った新女王アリが、クモに捕食されていました。前2対の脚が長いので、カニグモだと思われます。顔つきはヤミイロカニグモに似ています。
オスの羽アリであれ新女王アリであれ、毎年この季節は捕食者にとっては旬の食べ物。しかも豊富な筋肉や卵を持った栄養価の高い食べ物です。
新女王アリの運命はここで終わりましたが、クモにとってはしてやったりのごちそうになったと思います。
posted by ぁぃ♂ at 23:03| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月01日

ダンゴムシの交尾

ダンゴムシの交尾

交尾をしている瞬間ではないのですが、オスがメスの上に乗って顔を近づけるような姿勢でいるときは交尾をうかがっている時です。
ラベル:ダンゴムシ 交尾
posted by ぁぃ♂ at 18:12| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年07月01日

今年もナミキソウが開花

今年もナミキソウが開花

この花は必ずふたつ並んで咲くという特徴を持った花なのですが、やはりふたつ並んで咲いてました。
ラベル:ナミキソウ
posted by ぁぃ♂ at 18:11| 岩手 ☀| Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月30日

でかいドウガネブイブイいた

でかいドウガネブイブイいた

ベランダの四季なりイチゴの葉の上に、黒い物体を発見。近づいたらドウガネブイブイでした。体長は2.5cm。


でかいドウガネブイブイいた

そのあとブイブイッ!と飛んで、ベランダの床に着地。


でかいドウガネブイブイいた

脚をたたんで死んだふりのポーズ。指で触っていたら、床を歩き出してまたブイブイッ!と飛んでいきました。
posted by ぁぃ♂ at 17:37| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月30日

巨大ヒマワリ「タイタン」に再び異常発生

巨大ヒマワリ「タイタン」に再び異常発生

順調に生長中だった巨大ヒマワリ「タイタン」ですが、昨年と同じ異常が発生しました。


巨大ヒマワリ「タイタン」に再び異常発生

葉が萎縮したような縮んだ形状となり、全体の上への生長の速度も落ちています。葉の色も少し白っぽいです。


巨大ヒマワリ「タイタン」に再び異常発生

萎縮した葉の先端は、枯れたようになっています。


巨大ヒマワリ「タイタン」に再び異常発生

先端が枯れた葉は、それ以上大きくならない葉になっています。


巨大ヒマワリ「タイタン」に再び異常発生

これも同様。
昨年に引き続き再度いろいろ調べてみましたが、アザミウマの可能性が高いような気がします。
先端部が枯れたような葉が、まだ生長点の中でごく小さい時にアザミウマの被害にあえばこのような状況になると思います。生長点付近が被害にあうことで、その部分が生長してくると丈の生長速度が落ちるのも説明がつきます。
対策としては、植え付け初期の段階でオルトラン系の薬を土の中に混ぜておくことが予防になるかもしれません。とりあえず、ベニカ系の弱い薬を葉全体に噴霧しておきました。


巨大ヒマワリ「タイタン」に再び異常発生

余談ですが、脇芽が出てきていたので摘み取っています。
posted by ぁぃ♂ at 14:34| 岩手 ☁| Comment(0) | ヒマワリ(タイタン)~2024年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る