2021年10月09日

孵化したヤドリバエの幼虫がスズメガの幼虫の体内に侵入

孵化したヤドリバエの幼虫が幼虫の体内に侵入

先日「ヤドリバエに寄生されたシモフリスズメの幼虫」を書きましたが、幼虫は相変わらず庭のライラックの葉を食べて暮らしています。


孵化したヤドリバエの幼虫が幼虫の体内に侵入

幼虫の体表に付いたヤドリバエの卵もそのままですが、一部が孵化したようです。


孵化したヤドリバエの幼虫が幼虫の体内に侵入

卵に穴が開き、その周囲が茶色く変色しています。孵化したヤドリバエの幼虫がスズメガの幼虫の皮に穴をあけて、ここから体内に入り込んだということになります。
それでもなお、シモフリスズメの幼虫は昨日と同じように今日も葉っぱを食べ続けています。
posted by ぁぃ♂ at 20:07
"孵化したヤドリバエの幼虫がスズメガの幼虫の体内に侵入"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る