2020年10月25日

1.5cmのサナギを保護

1.5cmのサナギを保護

ちょっとわかりにくいのですが、このサナギはマユの中に入った状態で菊の茎に貼りついていたようです。
しかし、マユの先が破れた状態になって地面に落ちていました。
もともとはマユの中に全身が入っていましたが、クネクネ暴れて半分出てきた状態なのが写真の状態。


1.5cmのサナギを保護

結局マユから出てしまいました。マユはかなりの量の糸を使って作られており、布のような状態になっています。その表面には植物の枯れ葉のようなものがしっかりとくっついており、マユの初期形成時にこの枯れ葉のようなものを基材としてマユを作ったような感じ。


1.5cmのサナギを保護

この状態で体長は1.5cmぐらい。小さな蛾のサナギと思われます。


1.5cmのサナギを保護

背中は黒く、ざらざらしています。


1.5cmのサナギを保護

とりあえず、また土に戻しても死んでしまうと思うので保護することにした次第。


1.5cmのサナギを保護

スズメガらしきサナギ(左)と同居させました。
茎についていた状態だったサナギなので水分は不要かもしれませんが、害にはならないでしょう。



1.5cmのサナギを保護

残ったマユを切り開いてみると、中には幼虫時代の皮がありました。


1.5cmのサナギを保護

イモムシ型ではなく、毛虫型の幼虫だったようです。



1.5cmのサナギを保護

ドクガ系だったらいやだなーw
posted by ぁぃ♂ at 10:40
"1.5cmのサナギを保護"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る