2022年10月30日

九条太ネギで鍋焼きうどん

九条太ネギで鍋焼きうどん

九条太ネギの自家製干しネギを作ってそのうちの2本を定植したことをここで書きましたが、プランターに定植しなかった干しネギは鉢に植えておきました。右の鉢がそれです。左は干しネギに失敗したときに備えて干さなかった苗。


九条太ネギで鍋焼きうどん

干しネギパワーが爆発した甘くてやわらかくて風味の良い上質の九条太ネギを食べる分だけ収穫。


九条太ネギで鍋焼きうどん

九条太ネギ栽培を延々とやり続けている理由のひとつはこれです。鍋焼きうどんに入れると最高においしいわけです。
鍋焼きうどんはやや煮込んだのが好きなので、汁が少なくなっていますw


九条太ネギで鍋焼きうどん

しかし九条太ネギは決して煮込まず、食べる少し前に入れて火の通りは8割ぐらいにします。やや辛さが残るくらいが絶妙です。
家庭菜園の醍醐味は、最も良い時季に最も良いタイミングで最も良い味を堪能できることだなーとつくづく思います。これがあるからやめられません (^O^)
posted by ぁぃ♂ at 12:11| 岩手 ☀| Comment(0) | ベランダ菜園~2022年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月15日

四季なりイチゴに異変

四季なりイチゴに異変

上下段に3苗ずつ植えていますが、上段左端の葉が枯れ始めています。下段では、右端がほぼ枯れ、中と左端の葉の色が異常に薄いです。
下段は8月に新しい土に孫株を移植したものです。
何らかの病気が親株から感染しているような状況で、下段では新しい土の保水性がこの感染に悪影響を及ぼしているようなかんじ。


四季なりイチゴに異変

そんなわけで、下段すべてを予備としてとっておいた株に変更。上段左端も変更しました。上段右端と真ん中の株は、葉を少し切っています。
下段の土は入れ替えていませんが、この状態で様子を見たいと思う次第。再発するかもしれません。
もし再発したら、冬までに間に合うのなら健康な株から子株孫株をとって植えなおしますが、間に合わなければ来年は上段のみの栽培となります。
このような病気は以前から多かれ少なかれ発生していましたが、今回はそれが大規模に進行したような状況。
posted by ぁぃ♂ at 13:24| 岩手 🌁| Comment(0) | ベランダ菜園~2022年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月12日

ピーマンの今季最後の収穫

ピーマンの今季最後の収穫

悪天候などで収穫が遅れて赤い実もでき始めていますが、今季最後のピーマンの収穫を行った次第。


ピーマンの今季最後の収穫

最後の収穫なので、まだ小さい実もすべて収穫しました。


ピーマンの今季最後の収穫

次の節目には新しい花も開花中ですが、気温が気温なので実がならないでしょう。
ちなみに、おしべよりめしべのほうが長い状態が続いており、栄養状態は大丈夫のようです。


ピーマンの今季最後の収穫

ネギ系のほうは、上段のヤグラネギは急速に生育中。下段の九条太ネギも新しい葉を伸ばし始めています。
どちらも今年リセットをかけたもので、ヤグラネギは子ネギスタート、九条太ネギは自家製干しネギスタートです。
posted by ぁぃ♂ at 18:00| 岩手 🌁| Comment(0) | ベランダ菜園~2022年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月27日

自家製干しネギ(九条太)の定植

自家製干しネギ(九条太)の定植

8月17日に干し始めた九条太ネギですが、これを定植します。


自家製干しネギ(九条太)の定植

15cmぐらいに切って表面の皮をむいて枯れた根を取ったものを2本用意。


自家製干しネギ(九条太)の定植

少しだけ水を含ませた培養土を下層に入れ、あとは袋のままの培養土を入れました。この段階では水やりしないことが鉄則なので、しばらくはこのまま放置します。


自家製干しネギ(九条太)の定植

ベランダに移動。上段のヤグラネギも順調です。


自家製干しネギ(九条太)の定植

これは、8月13日に定植した当時のヤグラネギ。
九条太ネギもヤグラネギも激しく分けつして増えるネギで自分が食べる分があればいいので、どちらも2本スタートになるのであります。


自家製干しネギ(九条太)の定植

ピーマン(京みどり)の様子。気温の低下とともに生長の勢いが止まっています。あと1回の収穫で今季は終わりそうです。


自家製干しネギ(九条太)の定植

来週ぐらいかな。


自家製干しネギ(九条太)の定植

ネギ類を含めて越冬組のイチゴとニラ。これらはこのままベランダに置き、時々雪をかぶりながら越冬します。
ニラは先日すべて切り落とし、現在新葉を伸ばし中。
posted by ぁぃ♂ at 18:51| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2022年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月10日

ピーマンの収穫

ピーマンの収穫

ベランダのピーマンがまた収穫期を迎えています。


ピーマンの収穫

今回もいいピーマンができています。


ピーマンの収穫

12個収穫。ナポリタンでも作ってみましょうかな。


ピーマンの収穫

ピーマンなどのナス科の花を見ると土の養分の不足具合がわかりますが、中央のめしべが周りのおしべより長ければ養分は足りています。
土の養分が少なくなって不足気味になるとめしべの育成が順調に進まなくなります。ピーマンの実はめしべの根元が誇大化したものでもあるので、開花時のめしべが短いと実も期待できなくなります。
posted by ぁぃ♂ at 13:35| 岩手 ☀| Comment(0) | ベランダ菜園~2022年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月08日

キイロスズメバチとキアシナガバチ

キイロスズメバチとキアシナガバチ

ベランダのニラは、根の育成を意図して放置中。とう立ちして花も咲いています。


キイロスズメバチとキアシナガバチ

この花の香りが実にすばらしく、四季なりイチゴの花の香りに匹敵するレベル。ベランダに出るといい香りがプンプンします。


キイロスズメバチとキアシナガバチ

この香りに引き寄せられたのか、キアシナガバチが蜜を舐めていました。狂暴かつ強毒なので過度の刺激は禁物です。


キイロスズメバチとキアシナガバチ

育ちの良いニラなので、蜜の質も良さそうです。


キイロスズメバチとキアシナガバチ

キイロスズメバチも来てました。こちらも狂暴かつ強毒ですが、蜜を舐めるのに夢中です。


キイロスズメバチとキアシナガバチ

ペロペロ舐めてますな。



キイロスズメバチとキアシナガバチ

キンバエもペロペロ。


キイロスズメバチとキアシナガバチ

ジュウジナガカメムシもチュウチュウ。
posted by ぁぃ♂ at 12:03| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2022年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る