2021年12月12日

ベランダ菜園冬支度

ベランダ菜園冬支度

ベランダ菜園の野菜のうち、冬越しをするものは冬支度をしなければなりません。
ニラは上部を枯らして、すでに冬越しに入っています。


ベランダ菜園冬支度

葉を刈って土を少しかぶせて最後の水やりをした次第。軒下の位置になるので、自然界に合わせるために雪が積もったら水代わりに雪を乗せます。


ベランダ菜園冬支度

右上から時計回りに、四季なりイチゴ親株、四季なりイチゴ孫株、ヤグラネギ(サンガイネギ)、九条太ネギ。


ベランダ菜園冬支度

これらも冬越し組なので、土を少し足して最後の水やりを実施。リールホースも水抜きをして収納。
posted by ぁぃ♂ at 15:19| 岩手 ☔| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

イチゴプランターをベランダに移動

イチゴプランターをベランダに移動

四季なりイチゴの孫株をポットで育苗してプランターに移植したのは前に書きました
その後、移植した苗が落ち着くまでプランターを地面に置いていましたが、定位置のベランダに移動した次第。
ベランダは日当たりが良く、雨や風がまともに吹き付ける場所です。なので、移植直後はいきなりベランダに持っていかないようにしています。
下段がそのプランター。上段は親株。親株は不要な葉の枯れが始まっており、越冬の準備に入っています。
posted by ぁぃ♂ at 18:07| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

脇芽生育実験中の中玉トマト

脇芽生育実験中の中玉トマト

左側に植えていたミニトマト「あまぷる」は終了済みで右側の中玉トマト「フルティカ」も一旦終了しましたが、いつの間にか脇芽が伸び出していたので切らずに伸ばしています。低温下でどのような育ちをするかの実験です。


脇芽生育実験中の中玉トマト

とりあえずある程度の大きさになったので花も咲いています。


脇芽生育実験中の中玉トマト

結実して実も膨らみ始めました。現在1cmぐらい。
夜は0度近くまで下がる季節なので、全体の生長はかなりキツキツです。実もどうなるのかわかりません。


脇芽生育実験中の中玉トマト

ニラも葉が枯れ始めており、そろそろ葉を刈って冬支度を考えなくてはなりません。


脇芽生育実験中の中玉トマト

サンガイネギ(ヤグラネギ)と九条太ネギ。特に収穫もしてなかったので葉がいっぱいですが、枯れた葉を取り除いて冬支度をする予定。

四季なりイチゴは前に載せた通り。
posted by ぁぃ♂ at 07:40| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月31日

四季なりイチゴの定植

四季なりイチゴの定植

だいぶ遅れましたが、6株育成していた四季なりイチゴの孫株のうち、3株を定植した次第。


四季なりイチゴの定植

土は今回新品にしました。新しい土に完全に根を張る前に冬が来てしまうと思われるので少々心配。


四季なりイチゴの定植

苗は元気そうです。
posted by ぁぃ♂ at 15:03| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

ニラの花が咲く

ニラの花が咲く

葉が伸びれば刈って食べ、つぼみができても刈って食べ、そんなニラでしたが、たまには花くらい咲かせてあげようと咲かせたのであります。


ニラの花が咲く

すごくいい香りがします。四季なりイチゴの花と似た香り。


ニラの花が咲く

これでニラもほっとして冬を越してくれるでしょう。
posted by ぁぃ♂ at 07:23| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

四季なりイチゴの孫株育苗開始

四季なりイチゴの孫株育苗開始

これは9月2日のようす。それまでもランナーが伸びてきては切ってを繰り返していましたが、ここからランナーを伸ばし始めた次第。


四季なりイチゴの孫株育苗開始

本日の様子。葉も茂り、ランナーも伸びました。


四季なりイチゴの孫株育苗開始

伸びたランナーは左側に誘引してさらに伸ばしていました。


四季なりイチゴの孫株育苗開始

ここで孫株をミニポットに固定して発根を促します。
四季なりイチゴは上下2段のプランターで育てており、上段は今年3年目のご老体。今年で引退になります。
今回の孫株はすべて下段の株からとったもの。下段には3株ありますが、それぞれ2本ずつのランナーを使い、その中の孫株を合計6株固着させたわけです。


四季なりイチゴの孫株育苗開始


育苗して根付いたら、6株中3株をプランターに移植。残る3株は予備株として単独で育てます。


四季なりイチゴの孫株育苗開始

今年引退するご老体の株は、最後の花を咲かせています。


四季なりイチゴの孫株育苗開始

時季外れですが、根性で結実もしています。

イチゴはランナーの先の株を子株孫株と言いますが、これらは子孫ではなく分身です。いわばクローンなのであり、毎年若返っているわけです。
posted by ぁぃ♂ at 13:10| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る