2022年06月21日

ナミテントウが蛹化

ナミテントウが蛹化

ユスラウメの実もだいぶ赤くなり、全体の熟度をみながらもうすぐ収穫です。
そんな中、ユスラウメの葉の上でナミテントウの幼虫がサナギになりました。


ナミテントウが蛹化

名付けてA個体。
葉の上で動かなくなっているのを先日確認済みでしたが、その2日後にサナギになりました。


ナミテントウが蛹化

あと2個体を発見、名付けてB個体とC個体。
いずれも樹姿の上半分の日当たりの良い方角の葉の上でサナギになっていました。コンクリートの表面などで蛹化するときも、同様に日当たりの良い面を選びます。太陽熱が重要なんでしょうな。


ナミテントウが蛹化

ヒメカメノコテントウの幼虫もいました。明日か明後日にはサナギになるでしょう。
posted by ぁぃ♂ at 19:31| 岩手 ☀| Comment(2) | ユスラウメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月28日

ユスラウメにミノムシいた

ユスラウメにミノムシいた

ユスラウメの葉っぱが集中的に枯れていたので何だろうと裏返してみたら・・・


ユスラウメにミノムシいた

こりゃミノムシですな。葉っぱをでっかく切って幅広く包み込んでいます。
たいした被害でもないので、このまま住処を提供することにした次第。
posted by ぁぃ♂ at 09:07| 岩手 ☀| Comment(0) | ユスラウメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

ユスラウメ満開

ユスラウメ満開

ユスラウメが満開になりました。
ユスラウメは花とともに葉も出てきますが、0.5割散って0.5割つぼみが残るころが一番花の数が多くなります。


ユスラウメ満開

今年も春を教えてくれてありがとう。


ユスラウメ満開

実は食べきれないから適度でいいよw
posted by ぁぃ♂ at 21:02| 岩手 ☁| Comment(0) | ユスラウメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月18日

ユスラウメ開花

ユスラウメ開花

庭のユスラウメが開花しました。開花と満開のタイミングは桜とほぼ同期します。


ユスラウメ開花

蕾の先だけはピンク色です。
posted by ぁぃ♂ at 20:07| 岩手 | Comment(0) | ユスラウメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月14日

ユスラウメのつぼみふくらむ

ユスラウメのつぼみふくらむ

ユスラウメのつぼみも、ようやくふくらんできました。


ユスラウメのつぼみふくらむ

去年に花の数が多かったせいか、今年はつぼみの数が少なめです。


ユスラウメのつぼみふくらむ

まだまだほとんど枝です。
posted by ぁぃ♂ at 08:07| 岩手 | Comment(0) | ユスラウメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

ユスラウメの不作とミノムシ

ユスラウメの不作とミノムシ

今年のユスラウメは、過去に無いほどの花を咲かせました。ユスラウメだけでなく小梅などもそうでしたし、花壇の花もそうでした。


ユスラウメの不作とミノムシ

そして、ぶどう状になるほどのたくさんの実をつけています。これは異常事態なわけです。
実際、これでも100~200個も実が落ちた後の状態なのですが、実が落ちたというよりは木自身が実を落としたのであります。前にも似たようなことがありましたが、あまりにもたくさんの実がつくと、木自身が全部の実に栄養を送れないと考え、自分で摘果する現象です。
今残っている実も、本来であればすでに赤く熟して収穫してもいい時季なのですが、昨日あたりからようやく赤くなってきている状態。しかも全体的に小粒です。
総じて、今年のユスラウメの収穫は期待できない状態なわけです。


ユスラウメの不作とミノムシ

そんな中、ユスラウメの枝にミノムシを発見。


ユスラウメの不作とミノムシ

ミノの下には幼虫の脱皮殻がついており、中の住人はすでにいませんでした。
今年はミノムシをよく見ます。これも気象変化の影響でしょうか。
posted by ぁぃ♂ at 23:14| 岩手 ☁| Comment(0) | ユスラウメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る