2023年08月28日

エビガラスズメの羽化部屋を作成

エビガラスズメの羽化部屋を作成

この特大飼育ケースではいろんな昆虫が羽化してきましたが、今までは内側にキッチンペーパーを貼っただけの簡易なものでした。
今回大型で飛翔力の強いスズメガの多数個体の羽化に直面することになり、今後のためもあるのでちゃんと作ってみた次第。
普通は足場でもある鉢底ネットを全面に貼りたいところですが、そうすると中がよく見えなくなってしまいます。飼育環境下での羽化は想定外の事故も発生する可能性があり、それを正確に観察して迅速に応急対処をする体制も必要です。
そのため、足場の鉢底ネットは必要十分量とし、他は観察領域としてわざと開けておきました。


エビガラスズメの羽化部屋を作成

現在8匹の幼虫及びサナギがいるので、全数無事にサナギになることを想定して8匹分の人工蛹室を用意。
今の時季にサナギになった個体は、年内に羽化するか越冬して来年に羽化するか微妙なところです。そのため、越冬も想定して水皿の中にスポンジを入れました。この皿に水を入れるとサナギの周りの湿度を上げることができます。
自然界では土の中に蛹室があるので、多少なりとも一定の湿度はあるはずです。少なくなる日もあると思いますが、雨や雪解け水でかなりしっとりする日もあるはずです。しかし、人工蛹室は冬の乾燥した空気の中で常時カラッカラになります。湿度が無いと生き延びることができないかどうかはわかりませんが、わからないので自然界を少しでも再現しておこうと思うのであります。


エビガラスズメの羽化部屋を作成

鉢底ネットを斜めに切ったり突起を避ける溝を作ったり、なんだかんだ時間がかかった羽化部屋作成なのでありました。
posted by ぁぃ♂ at 23:01| 岩手 ☔| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月27日

8匹のエビガラスズメの状況

まずは、8匹のエビガラスズメの状況を整理。
2匹:サナギ
1匹:まったく動かなくなって体長が5cmほどになった前蛹
4匹:えさを食べなくなって激しく動き回っており、前蛹になる直前の状態。
1匹:爆食状態の終齢幼虫

8匹のエビガラスズメの状況

1匹目のサナギ。正常に蛹化しました。


8匹のエビガラスズメの状況

2匹目のサナギも正常に蛹化。サナギは近いうちに羽化用の特大飼育ケースに移します。


8匹のエビガラスズメの状況

1匹が前蛹になりました。ティッシュや葉を細かくちぎって蛹室を作りかけましたが、この状態でサナギになるようです。


8匹のエビガラスズメの状況

他の5匹。右下の1匹は食欲旺盛状態の幼虫なので、葉もたくさん入れています。
その他の4匹はすでに全く食べずにティッシュをくいちぎっていたので、掃除をして葉を1枚だけ入れています。


8匹のエビガラスズメの状況

ケース内を休みなく歩き回り、最後にはあきらめてティッシュを食いちぎって蛹室を作ります。数日以内には前蛹になると思います。


8匹のエビガラスズメの状況

まだ食欲旺盛な1匹の幼虫。葉は7~8枚入れています。
幼虫の色は褐色だったり白っぽかったり緑色だったりしますが、これらはすべて個体差です。
サナギになった直後のサナギの色は緑色なので、皮膚の色は違っても体の中はみんな緑色です。

マルバアサガオの代替食として空心菜をあげていましたが、なんとかえさ切れという最悪の状況にはならなくてほっとしました。
産直の売り場の人は「空心菜は毎日のように並ぶよ」と言っていたので飼育を決断しましたが、天候や作る人の状況で並ばない時が来るのではとひやひやしてました。

事故が無い限りみんなサナギになりそうなので、そろそろ共同羽化室を用意したいと思う次第。持っている飼育ケースで一番大きいものを使う予定。明日あたりからいろいろ用意して製作にかかります。
posted by ぁぃ♂ at 22:31| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月27日

前蛹になったエビガラスズメの幼虫

前蛹になったエビガラスズメの幼虫

エビガラスズメの幼虫は、土に潜って蛹室を作ってサナギになります。飼育環境下で土が無い時は、敷材を利用して蛹室っぽいものを作ります。


前蛹になったエビガラスズメの幼虫

10cmほどもあった体も4cmほどに縮まっています。これが前蛹と呼ばれる状態。


前蛹になったエビガラスズメの幼虫

前蛹になった幼虫は、もう1匹います。こちらも蛹室を作っています。


前蛹になったエビガラスズメの幼虫

ティッシュはある意味繊維質の物質なのですが、うまく作っています。


前蛹になったエビガラスズメの幼虫

前蛹は1日か1日半くらいでサナギになります。
posted by ぁぃ♂ at 09:53| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月26日

8匹のエビガラスズメの幼虫を飼育中

8匹のエビガラスズメの幼虫を飼育中

8月20日にマルバアサガオにいたエビガラスズメの幼虫を一時保護していましたが、放すタイミングがずれこんでしまいました。
マルバアサガオも枯れる時季にさしかかっていたので、葉がどんどん無くなっていっている状況。ものすごい暴食状態の終齢幼虫をここに放しても1日で食べる葉が無くなりそうだったので、急きょ飼育することにしました。
飼育前に代替えさの空心菜が普通に売っていることを確認し、蛹化までの期間と個体数を考慮して飼育可能だと判断した次第。
現在空心菜をもりもり食べている幼虫は6匹。残る2匹はすでに前蛹になっていますが、そちらの方は追って書きたいと思います。


8匹のエビガラスズメの幼虫を飼育中

体長4cmだった緑色の幼虫も9cmほどに大きくなって急成長中。大きくなる時に脱皮して褐色になると思っていましたが、緑色のまま大きくなりました。緑色型の幼虫だったようです。


8匹のエビガラスズメの幼虫を飼育中

この幼虫もそうですが、ミニミニ飼育ケースの幅を超える空心菜の葉を1日に4~5枚以上食べます。
この勢いだと、仮にマルバアサガオの葉に放しても生存できなかったでしょう。


8匹のエビガラスズメの幼虫を飼育中

褐色型のほうも休みなく食べています。
posted by ぁぃ♂ at 08:08| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月23日

エビガラスズメの幼虫(茶色)

エビガラスズメの幼虫(茶色)

せっかくなので、茶色いほうのエビガラスズメの幼虫も記念撮影。体長は8~10cmぐらい。大人の中指ほどの大きさがあり、かなりでかいです。


エビガラスズメの幼虫(茶色)

指ぐらいの大きさがあるので、苦手な人は発狂すると思いますw


エビガラスズメの幼虫(茶色)

上から見たところ。食べる量もすごいしフンもデカいし、迫力ありすぎ (;^ω^)
posted by ぁぃ♂ at 07:33| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月22日

エビガラスズメの幼虫(緑色)

エビガラスズメの幼虫(緑色)

一時保護中のエビガラスズメの幼虫を、せっかくなので記念撮影。体長はまだ5cmぐらい。
7~8cmぐらいになると緑色から茶色になり、頭部の緑色の線も黒くなります。


エビガラスズメの幼虫(緑色)

腹脚のしがみつく力はものすごく、引っ張っても離れません。


エビガラスズメの幼虫(緑色)

とにかく休みなしに食べます。


エビガラスズメの幼虫(緑色)

エビガラスズメといえば、前に本に掲載されたこともありました。
posted by ぁぃ♂ at 06:41| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月21日

ライラックのシモフリスズメは2匹

ライラックのシモフリスズメは2匹

ライラックの木にいるシモフリスズメの数を確認したところ、2匹であることがわかりました。2匹とも7~8cmくらいあります。
これは、高いところの葉を食べている1匹目。


ライラックのシモフリスズメは2匹

こっちは低いところの葉を食べている2匹目。


ライラックのシモフリスズメは2匹

低いところにいるので、撮影自由です。


ライラックのシモフリスズメは2匹

スズメガの幼虫を見つけ出すことがむずかしい理由のひとつに、葉の食べ方があります。このようにきれいに食べるので、食痕があって無いようなものなのであります。
欠けた葉なら「普通の形ではない葉」ということで食痕と気づきますが、欠けるどころかそもそもその葉自体が無いわけで、これはもうどうにもなりません。
秘技としては、全体を見渡してわずかに葉の密度が低いところを見てみます。そこに写真のような箇所があれば、その付近にいることがわかります。


ライラックのシモフリスズメは2匹

あと、大きな幼虫になるとフンも大きいので、地面を見て新鮮なフンを探すこともよくします。
フンは引力で真下に落ちてきたか葉にぶつかってはずんで落ちてきたかなので、上方向45度の範囲にいることが多いです。


ライラックのシモフリスズメは2匹

幼虫を探していると、思いがけない発見もよくあります。
posted by ぁぃ♂ at 06:25| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月20日

8匹のエビガラスズメの幼虫を一時保護

8匹のエビガラスズメの幼虫を一時保護

前にマルバアサガオにスズメガの幼虫がいることを確認していましたが、落ちてくるフンの量がかなり多く、1匹や2匹ではないなと思っていました。これは少し前に撮った緑色のスズメガの幼虫。


8匹のエビガラスズメの幼虫を一時保護

先日、マルバアサガオのプランターの近くを、8cmぐらいのエビガラスズメの幼虫が歩いているのを発見。サナギになるために、育った場所を離れて遠征している状況でした。


8匹のエビガラスズメの幼虫を一時保護

マルバアサガオの葉や枝を半分くらい切る作業もしなければならず、込み合った葉や枝をかき分けて探し出して一時保護したのが今回の幼虫。さらに先ほどの歩行中の幼虫も踏む事故防止のため確保。


8匹のエビガラスズメの幼虫を一時保護

そんなわけで、全部で8匹を一時保護しました。
保護した幼虫は7~8cmくらいですが、1匹だけまだ緑色の4cmくらいの幼虫がいます。
成長速度がこれだけ違うのも不自然なので、産卵時期が別の幼虫だと思います。
保護した幼虫はまたマルバアサガオの葉に戻して自然に任せますが、とりあえず雨ふりだったので明日放すことにしました。
posted by ぁぃ♂ at 17:55| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月20日

大きくなったシモフリスズメの幼虫

大きくなったシモフリスズメの幼虫

今月の上旬に庭のライラックで2cmぐらいのシモフリスズメらしき幼虫を発見していましたが、5cmぐらいに大きくなっていました。


大きくなったシモフリスズメの幼虫

見かけるたびに休みなく葉を食べています。今のところ、寄生の痕跡はありません。


大きくなったシモフリスズメの幼虫

どんどん葉が無くなっていきますw
posted by ぁぃ♂ at 07:39| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月18日

マルバアサガオの葉にスズメガの幼虫を発見

マルバアサガオの葉にスズメガの幼虫発見

雨粒に濡れるマルバアサガオ。最上段の花が咲いています。


マルバアサガオの葉にスズメガの幼虫発見

初期に開花していた花では、すでに種ができています。


マルバアサガオの葉にスズメガの幼虫発見

少し前から葉に食痕を確認していましたが、ようやく犯人を発見。


マルバアサガオの葉にスズメガの幼虫発見

スズメガの幼虫がいました。
アサガオにつくスズメガと言えばエビガラスズメが有名ですが、先日ライラックの葉で発見していたシモフリスズメの幼虫にも似ています。
もう少し大きくならないとはっきりしません。


マルバアサガオの葉にスズメガの幼虫発見

少し小さいのもいました。


マルバアサガオの葉にスズメガの幼虫発見

しばらく放置して大きくなるのを待ちたいと思います。
posted by ぁぃ♂ at 08:37| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る