2022年10月03日

キャベツを食べるベニスズメ幼虫

キャベツを食べるベニスズメ幼虫

ベニスズメの幼虫にホウセンカの代替食としてキャベツの外葉をあげていますが、初回はやや戸惑っていましたが今ではかなりよく食べるようになりました。

キャベツの外葉は、スーパーのキャベツ売り場の横のごみ箱からもらってきたもの。葉の表面をなでるようによく洗い、水にしばらく浸してバキバキにしてからあげています。葉は濃い部分のほうが食いがいいです。このあたりはカタツムリと同じです。

posted by ぁぃ♂ at 06:33| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月01日

ベニスズメ幼虫の代替食を検討

ベニスズメ幼虫の代替食を検討

幼虫時代の目的は体を大きくすることなので、腸に眼と脚がついたような体つきをしています。今管理中のベニスズメの幼虫も体調が8cmほどになり、ものすごい食欲です。
この食欲のペースだと今まであげていた食草のホウセンカの葉っぱが足りなくなる恐れがあり、代替食をいろいろ実験した次第。
代替食は、手軽に大量に手に入り続けられるものを検討。いわゆる持続可能ななんとかかんとかというものですな。


ベニスズメ幼虫の代替食を検討

幼虫の食べ始めのしぐさとしては、最初に数回かじって味をみるようです。おいしくないときは少し歩いてまた数回かじって味をみます。これは同じ葉でも同様に行います。おいしければそこで食べ続けますが、おいしくなければ移動とかじるのを繰り返します。
まずは、別の食草でもあるクローバーですが、期待してはいましたが食べませんでした。他に試した葉は以下の通り。
・マルバアサガオ:食べない
・イチゴ:食べない
・キャベツの外葉:食べた!
さらにキャベツの外葉の中で緑色の濃い部分と薄い部分を比較しましたが、濃い部分のほうを好んで食べました。


ベニスズメ幼虫の代替食を検討

本記事の写真はキャベツを食べているものです。
とりあえずこれでひと安心。キャベツの外葉なら、スーパーのキャベツ売り場に設置してあるごみ箱の中からタダで手に入ります。万一外葉が無い場合は、4分の1カットを40円ぐらいで買えます。余れば人間が食べます。

このまま飼育管理がうまくいけば、このあとサナギになってサナギの状態で越冬するはずです。羽化は来年の初夏あたり。
自然界では土に潜ってサナギになりますが、飼育下では特に土を用意しなくても飼育ケースの底でサナギになります。残った野菜やキッチンペーパーなどがあれば、それを利用してかんたんな部屋を作ることもあります。

あとは例のごとく寄生バエに寄生されていないかなのですが、こればかりは神に祈るしかありません。来年の初夏にはピンク色のきれいなベニスズメの成虫を見たいものです。


ベニスズメ幼虫の代替食を検討

なんだか忙しくなってきました (;^ω^)
posted by ぁぃ♂ at 22:32| 岩手 ☀| Comment(8) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月29日

ベニスズメの幼虫が脱皮

ベニスズメの幼虫が脱皮

一時捕獲時はガチャピンのような幼虫でしたが・・・


ベニスズメの幼虫が脱皮

1回脱皮してすっかりグロ幼虫になってしまいましたw
体長は6cmぐらい。食欲がものすごく、この量の葉でも半日でなくなります。


ベニスズメの幼虫が脱皮

黒くなってもガチャピンの目は健在です。


ベニスズメの幼虫が脱皮

ホウセンカの葉をあげていますが、クローバーの葉も食草のようなので近いうちに試験的にあげてみます。


ベニスズメの幼虫が脱皮

脱皮した時の頭部の抜け殻。
posted by ぁぃ♂ at 07:53| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月23日

ベニスズメの若齢幼虫

ベニスズメの若齢幼虫

ホウセンカを見ていたら、茎にベニスズメの幼虫を発見。体長は2.5cmぐらいで若齢です。
右奥にハエトリグモもいます。


ベニスズメの若齢幼虫

このホウセンカを大きな鉢に植え替えるということなので、とりあえず見つかる前に一時保護。


ベニスズメの若齢幼虫

同じホウセンカの葉の裏には、セスジスズメっぽい幼虫が脱皮した皮もくっついてました。長さは1.5cmぐらい。
周囲を探してみましたが、脱皮した幼虫は見つからなかった次第。

ホウセンカの葉には食痕がいくつもあり、今回発見したセスジスズメやベニスズメは食草のひとつにホウセンカがあるようです。
posted by ぁぃ♂ at 16:34| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月17日

モモスズメの幼虫を狙うヤドリバエ

モモスズメの幼虫を狙うヤドリバエ

先日サクランボの木でモモスズメの幼虫を発見しましたが、今度は小梅の木で発見しました。体長は6~7cm、でかいです。
幼虫のすぐ上には、狙いを定めているヤドリバエがいます。幼虫の体表にはまだ産み付けられた卵は見当たりません。


モモスズメの幼虫を狙うヤドリバエ

幼虫を凝視しています。カメラを近づけても逃げません。


モモスズメの幼虫を狙うヤドリバエ

2匹目のヤドリバエを発見。同じく狙いを定めています。左上のほうにいます。


モモスズメの幼虫を狙うヤドリバエ

さらに上のほうでも3匹目のヤドリバエが幼虫を凝視していました。3匹ともカメラを近づけても動じません。すごいです。


モモスズメの幼虫を狙うヤドリバエ

とりあえず、このレベルのスズメガの幼虫が小梅の木にいれば葉が無くなるので、小梅を守るために捕獲。


モモスズメの幼虫を狙うヤドリバエ

捜索→発見に至った経緯は、小梅の木の下にたくさんのフンが落ちていたこと。奥に見えるのがフンです。
今までモモスズメの幼虫を発見した庭の木は、2017年のユスラウメ先日のサクランボ、今回の小梅です。小梅では、2018年に卵も発見したことがあり、孵化した幼虫はモモスズメの幼虫でした。
ユスラウメもサクランボも小梅もバラ科サクラ属の木。モモスズメの幼虫が食草とする種類のひとつです。
posted by ぁぃ♂ at 06:17| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

モモスズメの幼虫いた

モモスズメの幼虫いた

久々にモモスズメの幼虫を発見。とんがり頭ですw


モモスズメの幼虫いた

体長は4cmぐらい。サクランボの葉を食べていました。


モモスズメの幼虫いた

1週間ぐらい前からサクランボの木の下で大量のフンを発見していました。100個以上落ちています。
探しても探しても見つからず、本日ついに発見に至ったのであります。
posted by ぁぃ♂ at 12:06| 岩手 ☀| Comment(2) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る