2023年09月22日

エビガラスズメの幼虫と卵

エビガラスズメの幼虫と卵

先日庭のマルバアサガオの葉で発見したエビガラスズメの幼虫ですが、今日見てみたら5~6匹の幼虫がいました。
この幼虫はまだ5mmぐらいですが、2cmぐらいにまで成長した幼虫もいました。


エビガラスズメの幼虫と卵

卵も4~5個を発見。ただ、みんな黒くなっていたので寄生された卵かもしれません。
この卵もよく見ると穴が開いており、寄生バチが出てきた穴の可能性があります。
posted by ぁぃ♂ at 18:09| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月20日

エビガラスズメの幼虫がまたいた

エビガラスズメの幼虫がまたいた

庭のほうのマルバアサガオの葉に、穴が開いていました。まさかあれでは・・・。


エビガラスズメの幼虫がまたいた

いたw またまたエビガラスズメの幼虫 (^O^)
この場所は葉が多くて確認できた幼虫の数も1匹だけだったので、とりあえずここで生きていけそうです。もう飼いません (;^ω^)
posted by ぁぃ♂ at 08:45| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月15日

エビガラスズメの最後の3匹が羽化

エビガラスズメが3匹同時羽化

昨夜残る3匹が羽化し、これで8匹全数が無事に羽化しました。1匹も寄生されていなかったことは、けっこうな奇跡です。


エビガラスズメが3匹同時羽化

一時は越冬サナギになるのかなと憂鬱な気持ちにもなりましたが、みんな年内に羽化してくれました。
越冬サナギになると8か月以上サナギの管理をしなければならないので、これまた大変なのであります。


エビガラスズメが3匹同時羽化

1匹目。例のごとく、野原風花壇のオニユリに放しました。


エビガラスズメが3匹同時羽化

羽化してから時間が経過していたようで、このあと数十センチ離れたマサキの葉に飛び移ったところを記念撮影。


エビガラスズメが3匹同時羽化

2匹目。エビガラスズメという名前は、この海老の柄から来ています。翅をプルプルして準備運動をしてました。


エビガラスズメが3匹同時羽化

夜の闇に飛び立つ準備中です。


エビガラスズメが3匹同時羽化

3匹目。こちらも翅をプルプル中。


エビガラスズメが3匹同時羽化

みんな元気に生きていってください。


エビガラスズメが3匹同時羽化

このあと、飛び立った1匹が玄関先に戻ってきたので記念撮影。


エビガラスズメが3匹同時羽化

何か言い忘れたことでもあるんでしょうか。


エビガラスズメが3匹同時羽化

『ぁぃさん、いろいろお世話になりました』

空心菜3袋で360円かかりました。もう来るなよー (^O^)/~~~
posted by ぁぃ♂ at 18:31| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月14日

【動画】エビガラスズメが2匹同時羽化

エビガラスズメが2匹同時羽化

右上と左下の指マークの2匹が、昨夜羽化しました。左下は唯一緑色の幼虫だった個体です。


エビガラスズメが2匹同時羽化

右上の個体。羽化数分後なので、まだ翅が縮んでいます。


エビガラスズメが2匹同時羽化

羽化の瞬間を偶然見ることができましたが、突然パカッと扉が開いてあっという間に出てきました。


エビガラスズメが2匹同時羽化

例のごとく、野原風花壇のオニユリに放しました。翅が完全に硬くなったら飛び立っていくと思います。


エビガラスズメが2匹同時羽化

こちらは左下の個体。当然ですが、緑色の幼虫も普通の色の成虫になりました。


エビガラスズメが2匹同時羽化

極めて順調にスルスル出てきたようです。


エビガラスズメが2匹同時羽化

同様に野原風花壇のオニユリで記念撮影。


エビガラスズメが2匹同時羽化

無事に羽化できてよかった次第。
飼育ケースから野原風花壇までは指につかまらせて移動させましたが、大型の蛾なので脚のふ節が指の皮膚に食い込む感触を強く感じます。その力はアゲハチョウの時よりも強く、さすがはスズメガだと感心しました。

羽化のサナギから出てくる瞬間を撮りました。翅が広がっていく様子は10倍速に編集しました。

posted by ぁぃ♂ at 12:16| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月13日

まもなく羽化のエビガラスズメ

まもなく羽化のエビガラスズメ

先日3匹のエビガラスズメが羽化しましたが、残る5匹もだいぶ黒くなってきました。


まもなく羽化のエビガラスズメ

数日以内に羽化しそうな色になっています。今夜から監視体制を強めます。
posted by ぁぃ♂ at 18:25| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月10日

エビガラスズメが3匹同時羽化

エビガラスズメが3匹同時羽化

エビガラスズメの3匹のサナギが黒ずんでいましたが、その3匹が同時に羽化しました。


エビガラスズメが3匹同時羽化

1匹目。小柄でおとなしい個体です。


エビガラスズメが3匹同時羽化

2匹目。この個体も小柄で落ち着きがあります。


エビガラスズメが3匹同時羽化

3匹目。おそらくこの個体は最初に羽化したようで、すでに翅をプルプルさせて準備運動をしてました。


エビガラスズメが3匹同時羽化

発見時には何事が起こったか!寄生した幼虫でも出てきたか!と思うほどの惨状でした。


エビガラスズメが3匹同時羽化

しかし、ケース内に3匹の成虫を見つけ、これが羽化だったんだと気づいた次第。


エビガラスズメが3匹同時羽化

羽化した3匹は、野原風花壇のオニユリに放しました。翅をプルプルさせていた個体は、とまって早々に飛び立ちました。


エビガラスズメが3匹同時羽化

抜け殻。とりあえずほっとした次第。


エビガラスズメが3匹同時羽化

もう少し大きかったら飾っておきたいレベル。


エビガラスズメが3匹同時羽化

引き続き、残る5匹を管理していきます。
posted by ぁぃ♂ at 20:19| 岩手 ☀| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月10日

まもなく羽化のエビガラスズメ

まもなく羽化のエビガラスズメ

奥の3匹が急激に黒ずんできました。羽化に向かっていることは確実で、ここまで黒ずむと羽化もかなり近いものと思われます。


まもなく羽化のエビガラスズメ

翅の筋模様まで見えています。複眼はほぼ黒です。


まもなく羽化のエビガラスズメ

背中の筋模様もはっきり見えています。ここまでくると本当に羽化が近いです。
posted by ぁぃ♂ at 10:52| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月01日

全数サナギのエビガラスズメ

全数サナギのエビガラスズメ

エビガラスズメの終齢幼虫は、全数がサナギになりました。
奥からサナギになった順に並んでいますが、左手前が緑色だった終齢幼虫のサナギ、右手前が白っぽかった終齢幼虫のサナギ。


全数サナギのエビガラスズメ

まあ、とりあえず身を預かったわけなので、羽化まできちんと管理たいと思う次第。


全数サナギのエビガラスズメ

最初のころにサナギになった個体は、複眼が少し黒っぽくなり始めました。
posted by ぁぃ♂ at 20:30| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月30日

ホウセンカでベニスズメの幼虫を発見

ホウセンカでベニスズメの幼虫を発見

空地のホウセンカの葉がきれいに食べられて無くなっています。だいたい犯人はわかります。


ホウセンカでベニスズメの幼虫を発見

いました。ベニスズメの幼虫です。体長はまだ2cmくらい。


ホウセンカでベニスズメの幼虫を発見

1.5cmくらいの幼虫もいました。
とりあえす保護する理由もないので、たくましく生きていくようにと祈りました。
posted by ぁぃ♂ at 07:46| 岩手 ☁| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月29日

エビガラスズメのサナギを羽化部屋に移動

エビガラスズメのサナギを羽化部屋に移動

昨日できあがった羽化部屋の人工蛹室に、3匹のエビガラスズメのサナギを移しました。
受け皿にはまだ水は入れていません。


エビガラスズメのサナギを羽化部屋に移動

大きな幼虫はサナギになっても大きく、4cmぐらいあります。


エビガラスズメのサナギを羽化部屋に移動

エビガラスズメは成虫になったら花の蜜を吸って生きていきますが、このくるりと丸まった部分が口の長さなのではなく、この管の中を1往復して口が作られるので、この丸まった管の2倍の長さが実際の口の長さになります。かなり長い部類になります。


エビガラスズメのサナギを羽化部屋に移動

幼虫時代の体の組織がすべて溶かされ、成虫の脚や翅などそれぞれの部位担当の細胞がそれぞれの場所で増殖して体のパーツを作っていきます。
そんなことをしながらも呼吸をし、腹部をピコンピコン動かすのですから、サナギという状態は本当にため息レベルです。


エビガラスズメのサナギを羽化部屋に移動

サナギになるときに脱いだ幼虫時代の皮。でかい幼虫だったなあ (*^^*)
posted by ぁぃ♂ at 12:15| 岩手 ☔| Comment(0) | スズメガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る