2022年06月25日

ワイルドストロベリーにマイマイガの幼虫

ワイルドストロベリーにマイマイガの幼虫

5月3日に移植したワイルドストロベリーは、ようやく根がしっかり広がったようで元気な葉が伸びてきました。


ワイルドストロベリーにマイマイガの幼虫

数個の花が咲いて数個の実がなりましたが、その横に毛虫発見。


ワイルドストロベリーにマイマイガの幼虫

マイマイガの幼虫ですな。今年は大発生とまではいきませんが、例年よりは多めです。
posted by ぁぃ♂ at 17:25| 岩手 ☔| Comment(0) | ワイルドストロベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月03日

ワイルドストロベリーの株を更新

ワイルドストロベリーの株を更新

ここで書いたように、ワイルドストロベリーの株が老いて弱っているようなので、ランナーの先で根付いていた分身を使って株を更新した次第。
伸びているランナーは、根付いたころに切除します。

ワイルドストロベリーの株を更新

土も総入れ替えしたのですが、出した土を見て弱っている原因らしきことがわかりました。水はけです。
このプランターは底部に1個しか穴が開いていなくてもともと心配でしたが、底網も付属してるし底石もその上に敷いたし大丈夫かなと思っていました。ところが、土を握れば水が滴る状態でした。
そこで、左右の側面下部に1cmの穴をあけ、水はけの改善を図った次第。水抜け実験も良好でした。

ワイルドストロベリーは乾燥したそこらの荒地でも普通に生き抜いているので、もともと乾燥には強いのかもしれません。ということはあまりにも湿った土は良くないということになり、その結果が今回の状況だったのかもしれません。
生命力が強い植物なので植え替え後も普通に根付くと思いますが、その後は水やりは控えめにしていきたいと思います。
posted by ぁぃ♂ at 00:11| 岩手 ☁| Comment(0) | ワイルドストロベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月01日

ワイルドストロベリーの移植を検討中

ワイルドストロベリーの移植を検討中

3株を植えてあるワイルドストロベリーのプランターですが、左の株がお亡くなりになったようです。
また、他の株も元気がありません。老いもあると思います。


ワイルドストロベリーの移植を検討中

このプランターの周りには、ランナーの切除漏れで意図しない株がちらほら生息中。


ワイルドストロベリーの移植を検討中

ランナーの先の株ということになるので、言うなれば分身です。土を入れ替えて若い分身を迎えるのもいいかもしれません。
posted by ぁぃ♂ at 06:10| 岩手 ☔| Comment(0) | ワイルドストロベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月02日

毎年恒例の越冬組

毎年恒例の越冬組

冬が来る前に鉢やプランターを車庫の中に移動させるのですが、ワイルドストロベリーとクロッカスとムスカリは寒さにしっかり当てて季節を認知させなければならないので、外に置いたままです。
冬に雪が降れば雪を乗せて土を湿らせ、夜にはその土がガッチガチに凍結し、日中には融けての繰り返し。ワイルドストロベリーとムスカリは冬でも葉を落とさないので、葉の上にわんさか雪を乗せます。
それでも春になるとつぼみが見えてくるので大丈夫。つか、へたに暖かい場所に移動させると春が来たと思って真冬に開花するので、そのあたりの自然のサイクルは守らなければいけません。
posted by ぁぃ♂ at 06:50| 岩手 ☀| Comment(0) | ワイルドストロベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

ワイルドストロベリーの茂った葉を切っていたのですが、真ん中に質感の違う物体を発見。


ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

ヨトウムシです。切る振動で葉から落ち、偶然ここに収まったものと思われます。


ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

何でも食べる幼虫なので、ワイルドストロベリーにもいたわけです。


ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

丸まった体の背中も撮りたかったので、石を支えにして撮影w
posted by ぁぃ♂ at 18:08| 岩手 ☁| Comment(0) | ワイルドストロベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

強風被害~ワイルドストロベリー編

強風被害~ワイルドストロベリー編

冬の強風で甚大な被害が出て予備株を移植したワイルドストロベリーでしたが、春の強風で少し被害が出た次第。
葉っぱの端の水分が飛ばされて変色しています。


強風被害~ワイルドストロベリー編

花にも被害。それでもワイルドというだけあって、被害としては少ないほうになりました。
植物栽培にとっては春の遅霜も脅威ですが強風も同様に脅威です。株の根元を四方八方に激しく揺らしながら全体の水分を急速に奪うので、まだ若い芽だとそこで終わってしまいます。
遠くからここらの地域に来た人は「どうしてどこの家も鉢花を置いてないんだろう?」と思うかもしれません。飛ばされるから置かないのですw
posted by ぁぃ♂ at 10:15| 岩手 | Comment(0) | ワイルドストロベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る