2021年07月25日

甘夏の葉を食べるウワバ系の幼虫

甘夏の葉を食べるウワバ系の幼虫

甘夏の葉に食痕を発見したので今年も来たかと思いましたが、周辺に卵も幼虫も見当たりません。


甘夏の葉を食べるウワバ系の幼虫

葉をひっくり返したら、ウワバ系の幼虫が1匹いました。こんなクセの強い葉も食べるんだと少々びっくり。


甘夏の葉を食べるウワバ系の幼虫

ウワバ系は種類が多く、その種類ごとに少しずつ食草も違います。なので、結果的にこのテの幼虫は割と広範囲で発見されるわけです。


甘夏の葉を食べるウワバ系の幼虫

何はともあれ、とりあえず退散願った次第。
ラベル:甘夏 幼虫 ウワバ
posted by ぁぃ♂ at 17:39| 岩手 ☀| Comment(0) | 甘夏とレモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

甘夏とレモンの大規模剪定

甘夏とレモンの大規模剪定

昨年はアゲハの幼虫育成のために葉がある状態での剪定ができなかったので、今年はやらなければなりません。
左から、甘夏1、甘夏2、レモン1。


甘夏とレモンの大規模剪定

これから出させる枝の方向を決めつつその先端を剪定、さらにその後の樹形を想定して太めの枝を容赦なく剪定。
トゲはそのままでもいいのですが、強風で揺れた葉がトゲに刺さってズタズタになったことが何度もあったのですべて切除。
ちなみに、これらの柑橘系は北国の冬の寒さに耐えられないので、庭に移植できません。なので、鉢植えにして冬は車庫に避難かつ大きくできないのであります。そんなわけで、実はなりませんw

ラベル:甘夏 レモン 剪定
posted by ぁぃ♂ at 18:11| 岩手 ☀| Comment(0) | 甘夏とレモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月29日

新葉を出す甘夏とレモン

新葉を出す甘夏とレモン

これは、去年の秋に車庫で冬越しをする前の状態。ナミアゲハの幼虫がほとんどの葉を食べてしまいました。
常緑樹なので通常は葉をたくさん残したまま冬越しをするのですが、今回は葉が少ないので大丈夫かなと思ってた次第。


新葉を出す甘夏とレモン

現在の状態。新しい葉を出し、例年通りの姿になって大丈夫そうです。右のレモンも甘夏に並ぶほど大きくなり、かなり丈夫そうになりました。
ナミアゲハの産卵も来たら来たで大変なので、できれば産卵も無く穏やかに樹木の生長を見ていきたいというのが正直なところ。産卵が来れば木の樹形を整えるという大作業が全くできなくなるので、これはこれで困るのであります。
ラベル:甘夏 レモン 実生
posted by ぁぃ♂ at 19:11| 岩手 ☁| Comment(0) | 甘夏とレモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

レモンの鉢替え

レモンの鉢替え

とんかつ弁当のスライスレモンについていた種を蒔いて4年目。強剪定を繰り返しているので、樹高は50cmぐらい。
鉢も小さくなったようなので、甘夏と同じサイズの鉢に植え替えることにした次第。白い鉢が現状、黒い鉢は新しい鉢。


レモンの鉢替え

植え替え完了。ただ引っこ抜いて土を足しただけのように思えますが、土づくりや根切りなどいろいろやって1時間ぐらいかかりました。


レモンの鉢替え

こっちは予備として育てている3年目のレモン。強剪定をしているので樹高は15cmぐらい。これも鉢替えをします。


レモンの鉢替え

さっき大きいほうのレモンの鉢替えをして残った鉢に植え替え。

柑橘類の植物はここらの地域では冬の寒さに耐えられないので、鉢植えにして冬は車庫に入れます。
葉を落とさない常緑樹なのですが、それでも葉が黄変したりでぎりぎりの越冬になります。
posted by ぁぃ♂ at 13:32| 岩手 ☔| Comment(0) | 甘夏とレモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

ようやく剪定した甘夏の木

ようやく剪定した甘夏の木

枝についていた3匹のサナギを移動させ、食べられて葉脈だけ残った葉を切り、長く伸びたトゲと枝を切り、樹形を整えた甘夏の木。
普段は数十枚の葉をつけたまま冬を越しますが、これで大丈夫なんでしょうか?w
とりあえず液肥をあげて車庫の中に置いた次第。新しい葉がたくさん出てきますように(´・ω・`)
ラベル:甘夏
posted by ぁぃ♂ at 16:29| 岩手 ☀| Comment(0) | 甘夏とレモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

静かになった甘夏の木

静かになった甘夏の木

ナミアゲハのカテゴリーでも書いてきたように、今年はナミアゲハの産卵が第一波第二波第三波とあり、30匹ぐらいの幼虫がもりもり葉を食べて巣立っていきました。
幼虫がいる間は枝の剪定もトゲの切り落としもできなかったので、樹形が大変なことになっています。
それでも右の木だけはトゲの切り落としは進めていたので、右はトゲ無し、左はトゲありになっている次第。

そもそも甘夏は常緑樹です。冬でも濃い緑色の葉をたくさんつけたまま冬越しをしますが、今年は落葉樹のようになりました。
このあと、枝の剪定とトゲの切り落としをして液肥をあげて車庫の中に入れますが、枝についている3匹のサナギは保護ケースに移す予定。
ラベル:甘夏
posted by ぁぃ♂ at 12:03| 岩手 ☁| Comment(0) | 甘夏とレモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る