2024年06月08日

華麗なダンスのミスジヒメヒロクチバエ

華麗なダンスのミスジヒメヒロクチバエ

筋模様が入った翅をクルクルと回しながら華麗なステップを踏んでいるのはミスジヒメヒロクチバエ。小さなハエですが、動く翅の模様で気づきます。
posted by ぁぃ♂ at 22:00| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月06日

ヒシバッタの日光浴

ヒシバッタの日光浴

ヒシバッタはピョコピョコ跳ねるのでなかなか落ち着いて撮れませんが、日光浴をしているときはじっとしているのでなんとか撮れました。
posted by ぁぃ♂ at 06:06| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

シモツケマルハバチの幼虫

シモツケマルハバチの幼虫

間もなく開花を迎える庭のシモツケですが、早くもかなりの食痕が見られます。


シモツケマルハバチの幼虫

シモツケマルハバチの幼虫がいました。少し前に真っ黒いハバチ(成虫)が周囲を飛んでたので、産卵したであろうことはわかっていました。


シモツケマルハバチの幼虫

きれいな幼虫なので、毎年放置して被写体になってもらっています。


シモツケマルハバチの幼虫

体長はまだ7~8mm。ピンク色のシモツケの花が咲くと花びらも好んで食べますが、食べた幼虫は体が透けているのでピンク色になります。
posted by ぁぃ♂ at 07:31| 岩手 ☔| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月02日

ミナミヒメヒラタアブとキンロバイ

ミナミヒメヒラタアブとキンロバイ

毎年たくさんの昆虫がやってくるキンロバイが今年も開花の時季を迎え、さっそくミナミヒメヒラタアブが来てました。


ミナミヒメヒラタアブとキンロバイ

あまり好き嫌いが無いようで、様々な花にやってきます。


ミナミヒメヒラタアブとキンロバイ

体は小さくてもホバリングが得意な優秀な生命体です。
posted by ぁぃ♂ at 10:34| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月01日

シロツメクサの花

シロツメクサの花

子どものころは、そこらじゅうに咲いていたシロツメクサの花。蜜を吸ったり首飾りを作ったりして遊んでました。


シロツメクサの花

もちろん、今でもそこらじゅうに咲いています。
posted by ぁぃ♂ at 19:20| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月28日

ミノウスバの幼虫の大移動が始まる

ミノウスバの幼虫の大移動が始まる

最近マサキの木から姿を消していたミノウスバの幼虫でしたが、本日そこから15mぐらい離れたところでちょぼちょぼ歩いている個体を発見。ミノウスバの幼虫の大移動が始まっていたわけです。
十分に育ったミノウスバの幼虫は、生まれ育った場所からかなり離れたところで硬いマユを作ってその中でサナギになります。サナギは晩秋のころに羽化し、交尾して産卵します。

あの小さな体で15m移動したということは、体長比で単純に計算すると人間が1km以上移動したことになります。大したことは無いような気もしますが、あのちょぼちょぼの歩き方でアリや鳥などから見つからないように熱いアスファルトの上や水がたまった草むらを乗り越えての大移動なわけで、これはとてつもないことなのであります。
どこかで無事にサナギになってくれることを祈ります。
posted by ぁぃ♂ at 06:16| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月25日

オツネントンボ参上

オツネントンボ参上

今年初のトンボはオツネントンボでした。まだそんなに気温も高くないので、日光浴で体を温めています。


オツネントンボ参上

極寒の北国の冬を乗り越えた越冬個体です。
posted by ぁぃ♂ at 18:05| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月23日

アイイロニワゼキショウ開花

アイイロニワゼキショウ開花

庭のアイイロニワゼキショウが開花中。今植えているシシリンチウムとは従妹関係です。


アイイロニワゼキショウ開花

おしべはくっついて1本に見えるのが特徴。日が当たると花が開くのもシシリンチウムと同じです。


アイイロニワゼキショウ開花

背丈は20cmほど。シシリンチウムは10cmぐらい。
posted by ぁぃ♂ at 18:43| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月19日

ジグモの巣が増える

ジグモの巣が増える

下が土でそこに垂直面があり、さらに日当たりが良いとジグモの巣がよくあります。
何年も前からあって最初は引っこ抜いていたのですが、特に害も無いのに引っこ抜くのもかわいそうなので、かなり前から放置しています。
だって、この巣をよく見るとわかるのですが、このように作るのに要した労力を考えると、それを気まぐれで壊したりするのは罪悪以外の何物でもないと思ったわけです。
そしたら、年々増えてきて少し危機感を感じています (;^ω^)
ラベル:ジグモ 地蜘蛛
posted by ぁぃ♂ at 12:46| 岩手 | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月19日

シロトゲエダシャクの幼虫か?

シロトゲエダシャクの幼虫か?

いろんな木の剪定をして葉や枝をごみ箱に入れたのですが、ふとごみ箱を見ると1cmぐらいの小さな幼虫がごみ箱の縁をシャクトリムシの歩き方で歩いていました。


シロトゲエダシャクの幼虫か?

調べてみたら、シロトゲエダシャクの幼齢幼虫に似ています。特に毒は無いようです。
posted by ぁぃ♂ at 06:22| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る