2021年03月31日

早くもアブラムシ

早くもアブラムシ

硬い葉芽が割れて葉を伸ばしてきたビックリグミ。この木では毎年様々な昆虫の生態を観察できます。


早くもアブラムシ

割れた葉芽には早くもアブラムシが生息。そしてすかさずクロヤマアリも出現。


早くもアブラムシ

このままではアブラムシだらけになってしまいそうですが、大丈夫です。


早くもアブラムシ

アブラムシを食べるヒラタアブの卵も、ちゃっかり新芽にくっついていました。
よく見るとそばにアブラムシがいますが、ヒラタアブはアブラムシが実際にいることを確認してから、その場所に産卵することが多いです。
孵化した幼虫は、食べ物に囲まれてすくすく育つのであります。
posted by ぁぃ♂ at 18:49| 岩手 ☔| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

つくしが芽吹く

つくしが芽吹く

近くの野原を見たら、つくしが芽吹いていました。春ですな。


つくしが芽吹く

つくしのうちはかわいいのですが、スギナになるとやっかいな相手になるので困りものです。
posted by ぁぃ♂ at 18:46| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

春を感じるネコハエトリ

春を感じるネコハエトリ

最近暖かい日が多いので、ネコハエトリも出てきました。


春を感じるネコハエトリ

食べものを探すには、まだまだ苦労する季節です。
posted by ぁぃ♂ at 12:09| 岩手 ☔| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

活動を始めたクロヤマアリ

活動を始めたクロヤマアリ

野原風花壇に棲みついているクロヤマアリが、地中から出てきて巣穴を拡張中。春の活動を開始したようです。


活動を始めたクロヤマアリ

こっちは同じ巣の別の入り口を形成中。ざっと見ると、ひとつの巣で6~7か所の出入り口を作っているようです。
アリの巣穴の出入り口ではいろんな事件が発生するので、観察していておもしろいスポットです。
posted by ぁぃ♂ at 18:20| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

ウスリーハエトリ現る

ウスリーハエトリ現る

ウスリーハエトリは、レモン色の触肢をもつきれいなハエトリグモです。これはメスですが、オスはほぼ黒一色で地味です。


ウスリーハエトリ現る

暖かい日でも日光浴は大事。


ウスリーハエトリ現る

また会いましょう。


ウスリーハエトリ現る

そうこうしていたら、足元を2mmぐらいのハエトリグモがピョンピョン跳ねてました。
調べてみたら、シラホシコゲチャハエトリというハエトリグモに似ていますが、体の色が明るすぎるような気もします。若い個体なんでしょうか。
posted by ぁぃ♂ at 20:02| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

ホトケノザの閉鎖花

ホトケノザの閉鎖花

まだまだ虫もいない寒い時季なのに元気になってしまったホトケノザは、閉鎖花をつけることがあります。
要は、花を開かないで内部で自主的に受粉して種を作る現象。まあ、まだ虫もいないので受粉は自分でやるというかしこい生態なわけです。
posted by ぁぃ♂ at 20:01| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る