2022年09月26日

シロオビアワフキいた

シロオビアワフキいた

ライラックの木にシロオビアワフキがとまっていました。いつも悲しそうな顔をしていますw
体長は1cmちょっと。


シロオビアワフキいた

近づくと、跳ねるように瞬時にいなくなります。
posted by ぁぃ♂ at 06:41| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

もうすぐ越冬シロホシテントウ

もうすぐ越冬シロホシテントウ

まだ冬の到来には早いですが、気温が急激に落ち込んだので越冬場所を探していたのかもしれません。
またマサキのうどんこ病菌を食べてくれるよう、よろしくお願いします。
posted by ぁぃ♂ at 08:50| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月22日

羽化不全のノシメトンボ

羽化不全のノシメトンボ

ノシメトンボが手を上げてこっちにあいさつをしていたので喜んでいましたが、なんだか手の角度が高すぎます。


羽化不全のノシメトンボ

横にまわってみると、右前脚が本来の場所ではないところから伸びているような気がします。
このような状態でも翅がボロボロになるまで生き延びることができているメスのノシメトンボなのでありました。
posted by ぁぃ♂ at 18:45| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月22日

ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギ

ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギ

先日ツマグロヒョウモンの幼虫を庭で発見しました。スミレやビオラの葉を食べる幼虫です。


ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギ

上から見ると、1本のオレンジ色の線が見えます。痛そうに見えるトゲがありますが毒は無いです。


ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギ

翌日も撮影しようと一時確保していたら、なんと!ふたの裏にぶら下がっていました。サナギになる前の「前蛹」の状態です。
こうなるともう動かせないので、このまま保護することにした次第。


ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギ

そしてサナギになりました。展開が早すぎてまいってますw


ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギ

サナギには金属光沢をした突起があります。一部の貝の貝がらの裏のように虹色に反射します。


ツマグロヒョウモンの幼虫とサナギ

暗いところで光を当てると、突起が反射してホラーになりますw

この先どうなるかですか、ツマグロヒョウモンは年に何回も発生する蝶なので、その発生時季によって幼虫で越冬したりサナギで越冬したりします。早めに発生した個体は、年内に羽化することもあるようです。
とりあえず、外気温に近い車庫の中に保管して様子をみようと思います。
posted by ぁぃ♂ at 06:32| 岩手 ☁| Comment(4) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

オオコシアカハバチの幼虫

オオコシアカハバチの幼虫

アジサイのような葉の裏にオオコシアカハバチの幼虫がいました。


オオコシアカハバチの幼虫

ガードが堅くてお顔が見えません。


オオコシアカハバチの幼虫

オオコシアカハバチの幼虫がいた葉っぱ。アジサイの種類です。
posted by ぁぃ♂ at 12:17| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

レアなネキトンボ

レアなネキトンボ

初めて見るトンボなので調べてみたら、どちらかといえば南のほうのトンボらしいです。近年、北のほうまで分布を広げているとか。


レアなネキトンボ

正面から見ると、真っ赤な体からオレンジ色のオーラが放たれているようにも見えます。


レアなネキトンボ

岩手もそろそろ秋ですが、日なたで体を温めつつ精一杯生きてください。
posted by ぁぃ♂ at 06:45| 岩手 ☁| Comment(2) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る