2020年10月17日

ナミアゲハ幼虫の旅立ち

ナミアゲハ幼虫の旅立ち

16:40、また1匹の幼虫がサナギになる場所を求めて旅立っていきます。右2つが幼虫時代にいた甘夏の木。


ナミアゲハ幼虫の旅立ち

方角は、今まで発見していたサナギのいる方向と同じ北。気温は13℃。


ナミアゲハ幼虫の旅立ち

時折止まって上半身を左右に振り、周辺の状況を把握しているようです。今まで見守っていた人間が今すぐそばにいることも把握していてくれればうれしい次第。
卒業していく生徒を受け持つ担任の先生の気持ちって、こんなかんじなんだろうなあ。

ここで確保して蛹化や羽化を観察することもできないわけでもないのですが、本来の自然の厳しさと個体の意思を尊重してこのままにしたいと思う次第。
来年の初夏、無事に羽化できることをただただ祈る秋の夕暮れなのでありました。
posted by ぁぃ♂ at 17:10| 岩手 ☁| Comment(0) | ナミアゲハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ページトップへ戻る