2020年10月04日

もふもふ幼虫再び

もふもふ幼虫再び

腹脚がたくさん見えているので幼虫なわけですが、いまだに何の幼虫かはっきりしていません。


もふもふ幼虫再び

ハバチであることは間違いないです。


もふもふ幼虫再び

こんな形の葉っぱを食べていました。

前にここで同じ幼虫を載せましたが、その時はババシロアシマルハバチの幼虫と書きました。
今回食草の葉の形がはっきりしているので調べたところ、この葉はハンノキ系(ミヤマハンノキやケヤマハンノキ)の葉であることがわかりました。
で、ハンノキ系の葉を食べる幼虫を調べたところ、ババシロアシマルハバチ、シロアシマルハバチ、ミツクリハバチあたりが該当した次第。
捕獲して羽化させてみれば正体がわかりますが、そこまで自然界に手を出す許可証も無いのでこのまま不明のままにしておきます。
はっきりしていることは、白くてもふもふのかわいい幼虫だということです。

前に質問があったので書いておきますが、このもふもふは「ろう物質」。体からこの物質をじんわりと出して、それが積み重なってつららのように伸びている状態。質感は綿のように柔らかいので、指で触るとかんたんに取れてしまいます。自身の体をとにかく隠したいのだと思います。かえって目立っていますがw
posted by ぁぃ♂ at 17:44| 岩手 ☁| Comment(2) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまにですが、こんな幼虫を見るとアゲハモドキだなあと思っていました。ハバチにもこんなのいるとは!ついている葉っぱにも注意ですね。
Posted by 菊池恭司 at 2020年10月06日 11:31
>菊池恭司さん
アゲハモドキの幼虫もこれとそっくりなので、パッと見わからないですねーw
皮膚の透明感とか単眼が1対であることとかも、じっくり見ないとわかりません。
あとは神頼みで食べていた葉っぱから食草由来で探すしかないです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2020年10月06日 18:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください
ページトップへ戻る