2021年07月15日

ヤマトアザミテントウだと思う

ヤマトアザミテントウだと思う

こんなテントウムシを見たとき、今まではオオニジュウヤホシテントウとしてきました。無知なころは、ニジュウヤホシテントウとしてたこともあります。
しかし、よくよく調べてみると、当ブログ内でオオニジュウヤホシテントウとしてきたものの大部分がヤマトアザミテントウではないかという疑問が生まれた次第。
ヤマトアザミテントウはアザミだけではなくジャガイモの葉も食べる事実を知り、今までジャガイモの葉を食べていたそれっぽいものは全部オオニジュウヤホシテントウとしてきたことが覆ったわけです。確かに紋をよく見ると、オオニジュウヤホシテントウよりはヤマトアザミテントウ寄りだなと思うこともあります。
何はともあれ、今回のこの写真はヤマトアザミテントウだと思います。ジャガイモの葉を食べていました。


ヤマトアザミテントウだと思う

同じジャガイモの葉では、幼虫もたくさん生まれていました。


ヤマトアザミテントウだと思う

大きくなった幼虫もかなりいます。


ヤマトアザミテントウだと思う

サナギになったものもいました。
いやはや、大変ですw
posted by ぁぃ♂ at 18:24| 岩手 ☁| Comment(2) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

ヒメコガネかな?

ヒメコガネかな?

コガネムシ系は意外と分類が難しいのですが、ヒメコガネに近いかんじです。体長は1cmちょっと。


ヒメコガネかな?

分類が難しいのに変位も大きいのですが、じっくり解剖もしてられません。つか、解剖とか無理w


ヒメコガネかな?

〇〇亜目の〇〇亜科の〇〇亜属とか並べても当ブログらしくもないので、要はかわいい虫が身近にいたということなのであります。
posted by ぁぃ♂ at 18:23| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

ヒルザキツキミソウ開花

ヒルザキツキミソウ開花

野原風花壇でヒルザキツキミソウが開花しました。しかし、今年は種を蒔いた憶えはありません。
前に蒔いたミックス種の中に入っていたのでしょうか。冬を一度か二度越して咲いた花だと思います。


ヒルザキツキミソウ開花

独特の雰囲気を持った花です。
ツキミソウといえば色々な歌がありますが、最近は泣きそうな声で死にそうにすがって歌っているような歌が多いです。昔はそんなことをしなくても歌詞や世界観が十分泣きそうで死にそうで怖いくらいでした。だから今の歌は薄っぺらで安っぽいのです。装飾だらけで突き刺さってこない。刺激があればそれで売れるしそれが流行ると思っている。ショック療法ですかと。ワッと背中をたたかれればそりゃびっくりしてオッと声も出るでしょ。でも不快です。疲労するんです。そんなの歌じゃない。愚痴失礼いたしました。
posted by ぁぃ♂ at 18:22| 岩手 ☁| Comment(0) | 野原風花壇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

今朝のマルバアサガオ

今朝のマルバアサガオ

毎日10個以上の花が咲くようになるとマルバアサガオのピーク期です。ピーク期と言ってもこの状態が長く続くので、ずっと10個以上咲きます。
アサガオの花は朝に咲き、その日の夕方には全部しぼんで落ちます。これが毎日繰り返されるので、落ちた花がらを掃除するのが日課になります。


今朝のマルバアサガオ

まだまだ咲きます(^O^)
posted by ぁぃ♂ at 12:00| 岩手 ☁| Comment(0) | マルバアサガオ~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

ヒトスジシマカは痒くて危険

ヒトスジシマカは痒くて危険

今まで虫に刺されたものの中で最も痒くて治癒も遅かったのがブユですが、次にくるのがヒトスジシマカです。
ブユは半月以上痒みが続き、ヒトスジシマカは1週間は痒いです。


ヒトスジシマカは痒くて危険

また、刺されている最中の写真を面白半分でSNSなどにあげている大馬鹿者を時々見ますが、極めて不快な画像であるとともに自らにも危険な行為であるので自粛していただきたい次第。こういう大馬鹿者は注意されても二度三度と同じ行為を繰り返しがちです。学習しないからです。
デング熱のデングウイルスを媒介しうることでも有名であることを知らないのでしょうか。社会にとっても公害的行為なのです。
posted by ぁぃ♂ at 18:09| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

ワイルドストロベリーの茂った葉を切っていたのですが、真ん中に質感の違う物体を発見。


ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

ヨトウムシです。切る振動で葉から落ち、偶然ここに収まったものと思われます。


ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

何でも食べる幼虫なので、ワイルドストロベリーにもいたわけです。


ワイルドストロベリーにヨトウムシ発見

丸まった体の背中も撮りたかったので、石を支えにして撮影w
posted by ぁぃ♂ at 18:08| 岩手 ☁| Comment(0) | ワイルドストロベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

ウロコアシナガグモのオス

ウロコアシナガグモのオス

葉や茎を見ていると、小さなクモが増えてきたことに気づきます。これは、ウロコアシナガグモのオスだと思われます。
小型のクモは似ているものが多く、なかなか難しい次第。
posted by ぁぃ♂ at 18:07| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

安心なナナホシテントウ

安心なナナホシテントウ

変位の多いナミテントウを見てると、少し疲れることがあります。そんな時はナナホシテントウを見ると安心します。


安心なナナホシテントウ

星が七つだからナナホシテントウ。未来永劫七つ星でいてください。
posted by ぁぃ♂ at 12:12| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月13日

ツマグロオオヨコバイの幼虫

ツマグロオオヨコバイの幼虫

毎年恒例のツマグロオオヨコバイの幼虫が姿を現しました。庭で順調に育っているようです。


ツマグロオオヨコバイの幼虫

薄緑色の体色なので、探してもなかなか見つかりません。振動を感じるとピョコンピョン跳ねるので、それで気づくかんじ。


ツマグロオオヨコバイの幼虫

庭の何かの汁を吸って生きているのでありますな。


ツマグロオオヨコバイの幼虫

たぶん、自分は君の親を知っています。


ツマグロオオヨコバイの幼虫

脱皮殻も発見。葉の裏についていました。


ツマグロオオヨコバイの幼虫

今年もバナナ虫を見ることができそうです。
posted by ぁぃ♂ at 18:29| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月13日

梅雨時のゼニゴケ

梅雨時のゼニゴケ

庭であれ鉢であれ、土いじりをしてるといつかどこかで遭遇するゼニゴケ。半日陰の花壇や水やりの多い鉢でよく発生します。


梅雨時のゼニゴケ

放置するとどんどん増えて土を覆うほどになるので、見つけ次第駆除なわけです。梅雨時は特に増えるのが速いです。
ラベル:ゼニゴケ
posted by ぁぃ♂ at 18:28| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る