2021年07月23日

ベランダ菜園実況

ベランダ菜園実況

ミニトマト「あまぷる」(左)と中玉トマト「フルティカ」(右)。
どちらも数日前に初めての収穫を行いましたが、出来具合いをみるために本日両方を1個ずつ収穫して試食を実施。味に変化はありませんでした。


ベランダ菜園実況

中玉トマト「フルティカ」も、これからたくさん収穫できそうです。


ベランダ菜園実況

まだまだ出てくる脇芽も、発見次第切除。


ベランダ菜園実況

ベランダではないほうのミニトマト「千果」も、葉をなでなでしてあげてるせいか、実のつきがすごくよきよき。


ベランダ菜園実況

四季なりイチゴは、出てくるランナーを切るのが日課でしたが、そろそろ追肥をして太いランナーを出させて子株孫株採取の準備に入ろうかと思う次第。


ベランダ菜園実況

ニラも元気ですが、春先よりは元気さが落ちてきているので、こちらも追肥のタイミングかもしれません。


ベランダ菜園実況

スナップエンドウは、うどん粉病の発生がひどかったので撤去。隣のミニトマトにも少し伝染するレベルでした。
スナップエンドウとキュウリだけは、何をどうやってもうどん粉病が発生します。

そんなわけで、間もなく毎年恒例のトマト食べ放題の夏がやってきます。つか、ネギ系撮るの忘れてた。
posted by ぁぃ♂ at 14:29| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

ネジバナの花

ネジバナの花

野原風花壇で咲くネジバナ。どこからか種が飛んできたようです。


ネジバナの花

まんべんなく360°に咲くので、ハナバチから発見されやすいかも。
posted by ぁぃ♂ at 10:20| 岩手 ☁| Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

孵化したエゾアオカメムシの幼虫

孵化したエゾアオカメムシの幼虫

四季なりイチゴの予備苗として常時育てている苗に、エゾアオカメムシの幼虫がいました。孵化したての幼虫です。


孵化したエゾアオカメムシの幼虫

まだいました。近くで孵化したようです。


孵化したエゾアオカメムシの幼虫

葉の裏に孵化した後の卵を発見。こんなところに産卵したようです。


孵化したエゾアオカメムシの幼虫

28個の卵の全数が孵化していました。
四季なりイチゴの予備苗も含め、そこらで何かの汁を吸っていると思います。
posted by ぁぃ♂ at 18:18| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

休むヒメカメノコテントウ

休むヒメカメノコテントウ

モロッコインゲンの葉の裏で、ヒメカメノコテントウが休んでいました。普段ならすばしっこく逃げるのですが、この時は動かなかったので寝ていたのかもしれません。


休むヒメカメノコテントウ

ちっこいテントウムシですが、かっこいいテントウムシです。
posted by ぁぃ♂ at 11:47| 岩手 ☁| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

体皮の内側で毛を伸ばす幼虫

体皮の内側で毛を伸ばす幼虫

妙な模様の幼虫がいたなと思いましたが、たぶん脱皮を控えた幼虫だと思います。


体皮の内側で毛を伸ばす幼虫

ペンで線を引いたような模様がありますが、よく見ると毛が生えている黒丸部分から広がっています。


体皮の内側で毛を伸ばす幼虫

これは、脱皮した後の黒丸部分からすでに生えている毛が透けて見えている状態だと思われます。
ちなみに、何の幼虫かは調査中。

つか、最近暑すぎて外で虫を撮る気力が無くてやばいですw

■追記
タケノホソクロバの幼虫っぽいです。毒があるようなので今度見たら要警戒。
posted by ぁぃ♂ at 18:08| 岩手 ☀| Comment(0) | 気まぐれ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

あまぷる&フルティカ今季初収穫

あまぷる&フルティカ今季初収穫

ミニトマト「あまぷる」(左)と中玉トマト「フルティカ」(右)が初収穫の日を迎えました。


あまぷる&フルティカ今季初収穫

ミニトマト「あまぷる」の第一花房。皮が薄い品種なのでプリンプリンの肌つやです。


あまぷる&フルティカ今季初収穫

中玉トマト「フルティカ」の第一花房。予想よりも大きい玉です。


あまぷる&フルティカ今季初収穫

それぞれ収穫。味の感想は以下の通り。
・ミニトマト「あまぷる」
皮が薄いミニトマトは別の種類をやった事がありますが、ここまで皮が薄いとはびっくり。まさにサクランボレベルの薄さでプリンプリンしています。味はただ甘いだけかなと思ったら意外と酸味も程よくあり、これは名品種だと思った次第。まじうまいです。
・中玉トマト「フルティカ」
1か月ほど前にスーパーで「フルティカ」を売っていたので買って食べてみましたが、それほどの味でもありませんでした。しかし本日収穫したフルティカは別種ではないかと思うほど味が濃く、食べていて笑ってしまうほどのおいしさ。

総じて、この2品種は非常によきよきです。これから長く収穫が続きますが、いよいよ至福の時季に突入です。
posted by ぁぃ♂ at 07:40| 岩手 ☁| Comment(0) | ベランダ菜園~2021年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る